映画『幕が上がる』公式サイト

地区予選敗退。最後の大会を終えた先輩たちに代わり、部長として富士ヶ丘高校の演劇部をまとめることになった高橋さおり(百田夏菜子)。「負けたらヤなの!」と部員の前で意気込むさおりだが、悩める日々が続く。どうやったら演技が上手くなれるの?演目は何にすればよいの?「わからないー!」
そんな時、学校に新任の吉岡先生(黒木華)がやってきた。元学生演劇の女王だったらしい!美人だけどちょっと変わったその先生は、地区大会すら勝ったことのない弱小演劇部の私たちに言った。
「私は行きたいです。君たちと、全国に。行こうよ、全国!」
気迫に充ちたその一言で、彼女たちの人生は決まる。演目は「銀河鉄道の夜」、演出は部長のさおり。演じるのは、看板女優でお姫様キャラの“ユッコ”(玉井詩織)、黙っていれば可愛い“がるる”(高城れに)、一年後輩でしっかり者の“明美ちゃん”(佐々木彩夏)、そして演劇強豪校からのスーパー転校生“中西さん”(有安杏果)らの部員たち。吉岡先生と、頼りない顧問の溝口(ムロツヨシ)と共に、富士ヶ丘高校演劇部は、見たことも行ったこともない、無限の可能性に挑もうとしていた。

「私の集大成になることは間違いないでしょう。」本広克行監督

映画監督をやめようと思い悩んだ時期もあった本広監督。世界的な劇作家であり演出家の平田オリザが主宰する劇団「青年団」に刺激を受け、その世界に傾倒したことが、小説『幕が上がる』との出会を生んだ。それは本広克行に再び映画を撮らせるための、かけがえのない出会いとなった。本広監督が主演に抜擢したのは、ももいろクローバーZ の5人。「初めて小説『幕が上がる』を読んだとき、オリザさんに『ももいろクローバーZ をイメージして書いたのでは?』と聞いてしまうほどキャラクターがメンバーに似ていました。」という本広監督に対し、平田オリザ氏は「正直、期待と不安の半々でした。」と応える。彼女たちは撮影前に、平田オリザのワークショップに通い俳優としての指導を徹底的に受ける。5人の“勘の良さ”に驚いた平田オリザ氏は伝える。
「多くの観客の皆さんは、ももクロメンバーの演技力に驚くことでしょう。彼女たちは役者として驚異的な成長を遂げました。進化するアイドルが、もう一つ新しいステップに踏み込んだのです。」
脚本は『桐島、部活やめるってよ』で一世を風靡した喜安浩平。共演陣の顔ぶれも素晴らしい。学生演劇から発掘され、ベルリン国際映画祭の最優秀女優賞を受賞するに至った注目の若手女優、黒木華が、演劇部を牽引する新任先生役に。鍛え上げられた演技力を惜しみなく発揮する。さらにムロツヨシ、志賀廣太郎、清水ミチコら、唯一無二の個性と実力を兼ね備えた俳優陣が世界を広げる。

平田オリザ戯曲の面白さと現代口語演劇に共感して、稽古も見学させてもらいました。青年団に入団させてもらおうかと思ったほど、その世界に嵌ってしまい、2010年末には同氏の原作「演劇入門」を、青年団演出部の岩井秀人脚本、青年団の役者、スタッフ全面協力で舞台演出させて貰うほど、その世界に没頭し、今まで自分が培ってきた演技指導の方法論がすべて覆されました。たくさんの事を学び、その 手法を映像演出に流用したり、小劇場の舞台役者との出会いにより、自分の映像作品の幅を広げて貰ったと思っています。
そんな気持ちを込めてオリザさんの初めての小説『幕が上がる』は、なんとしてもヒットする作品にしなくては、自分の作った青春ドラマや映画で一番見たくなる作品にしなくては、という異常な使命感を持ち、この作品に関わった全ての人にわがままを言わせてもらい映画化にこぎ着けました。

原作の『幕が上がる』を読んでいた時に、ももクロZと出会い、原作の登場人物がどうしてもメンバーとダブってしまい、オリザさんに「ももクロZメンバーをイメージして書いたのではないか」と聞いてしまうほどキャラクターが似ていました。同時期に、ももクロZの魅力を僕の周りにいるクリエーターたちが熱く語ってくれて、ももクロZのライブに通わせてもらい、スタッフの皆さん、モノノフの皆さんから彼女たちの頑張ってきた歴史を教えて貰い、これは鍛えれば演技力も上がるのではと確信し始めてからは、迷いなく進んでこられました。

映画版は、脚本が完成し、キャスティングが決定した時には完成予想が見えていました。撮影した風景と原作のマッチングが非常に良く、出演者全員、特に高校生役の子達はみんな涙を流しながら作品作りにのめり込んでいて、まさに撮影現場が青春そのものでした。演出している自分も撮影中に何度も感情を揺さぶられるシーンがあって、今年は本当に満足のいく、夏から秋へと向かう充実した季節を過ごせたと振り返るほどで、映画を初めて作り始めた頃を思い出しました。その熱い映像は仕上げスタッフにも影響していて、編集もとても集中して作業が進行しました。このテンションを持続させながら、映画が完成したら直ぐに舞台版の作業に一気に向かっていきたいです。オリザさんが書かれる戯曲を、ももクロZのメンバーで、しかも映画、舞台を通して演出できることは本当にやりがいがあり、自分のキャリアの中でも集大成になる作品になることは間違いないと確信しています。
今まで培って来たノウハウと全ての力を、映画と舞台による『幕が上がる』に注ぎ込んで行きます。

本広監督とは、彼が私の稽古場によく遊びにいらっしゃったりした古くからの付き合いでした。以前から、私の作品を映画化したいとおっしゃっていたのですが、初めての小説を書くにあたって「これなら映画化に向いているのではないですか?」とゲラの段階で見せていました。
もともと、この『幕が上がる』は、2011年1月にフランスの子供たち向けに『銀河鉄道の夜』を舞台化するため、パリに長期滞在していたときに、稽古と並行して書いた小説です。それが、足かけ五年(公開まで含めて)の歳月を経て映画になるというのは、大きな喜びです。

正直言って、ももクロさんが主演と決まったときには、期待と不安と半々でした。彼女たちの「演技」は観たことがなかったからです。監督からの依頼で、撮影に入る前に、数回にわたって演劇のワークショップを行いました。そこには二つの意味があったと思います。
一つは、ももクロのメンバーたちの演技力を向上させること。皆さん、本格的な舞台の経験はないので、身体がぶれやすかったり、演技に個々の癖が出てしまうことが多かったのですが、たいへん勘のいい子たちなので、すぐに演技のコツをつかんでいったようです。
もう一つは、ワークショップを通じて、この作品のテーマである「演劇」について学んでもらいました。「演劇」と映像やパフォーマンスとの違いについて、何が難しく、何が楽しいのか、実際に演ずる経験を通じて学んだことが、撮影の際にも生かされたのではないかと思います。特に、映画の中で演出家の役を演じる百田さんには、演出家とはどういう仕事なのかも学んでもらいました。ワークショップの途中では、私が演出を付けたあとに、百田さんにも、自分の言葉で他のメンバーに演出をするという体験もしてもらいました。その体験は、実際の映画の中でも生かされ、演出家として成長していく姿をうまく演じてくださったと思います。

ラッシュを観て、自分が原作を書いた作品なのに、ずいぶん泣かされました。本広監督には「正統派のアイドル映画を創ってください」とお願いしましたが、期待以上の作品になったと思います。おそらく、この作品を観た多くの観客の皆さんは、ももクロメンバーの「演技力」に驚くことでしょう。彼女たちは、このひと夏で、役者として驚異的な成長を遂げました。進化するアイドルとして走り続けてきたももいろクローバーZが、もう一つ新しいステップに踏み込むことができたのではないかと思います。舞台化にあたっては、もう一度、彼女たちとワークショップから始めて、一緒に作品を創っていければと思っています。この映画を通じて、せっかく「演劇」「舞台」というものに向き合ったのですから、その経験を生かして、今後も生の舞台にも出演してもらえるように、舞台の方も忘れられない作品にできればと願っています。
いずれは、私と一緒に、「世界」を目指して欲しいです。

普段はアイドル、映画の現場も初めて、お芝居の経験も全然ない。そんな私達が映画の主演。

撮影が始まる前にオリザさんのワークショップを受けさせていただいて、最初聞いたときはお芝居のレッスンをするもんだと思っていました。

でも、オリザさんが教えてくれたのはお芝居の根本の部分。
台本をもってここのセリフをこうしろじゃない。お芝居とはなんなのか、そこから教えてくれました!

お芝居はこうでなくちゃダメとかない。アイドルがこうでなくちゃってのもない。
その時、ジャンルを通り越してなにか新しいものが作れる気がしました!

撮影が始まってからは私達はただただ必死!笑
監督はすごく丁寧に、一緒にお芝居を作ってくれました。

でも実は、私達は自分の芝居をモニターでも1度も見てないので、どうなってるかは全く分かりません。
でも自分の心でよし!と思ったときと、監督のOK!が重なる事が多くて、なんだか通じあってる気がして嬉しかったです!

クランクアップをした段階で映画としてはまだ半分!
そこから編集さんにバトンタッチして最終的にはお客さんが見てくれて初めて映画が完成するんだって!
まだ途中の段階でもスタッフさんたちは映像を見るために集まるたびに興奮して帰ってきます!笑
みんなニヤニヤしてて全然教えてくれません。
大人ばっかりずるいよね~!なんてメンバーで話ながら、私達も出来上がりをとっても楽しみにしてます!
みなさんも楽しみにしててください!!