×
HARTKE ハートキー ベースアンプ アンプ ベース
HARTKE(ハートキー)
創業者である Larry Hartke と Ron Lormanが、著名なHi-Fiデザイナーの A. StewartHegemanの見習いとしてスピーカー設計の実験を初めたのは、Hi-Fiオーディオが全盛の頃であった。もともと二人は、ホームオーディオのスピーカーを設計するつもりで様々なコーンの素材を実験していたのだが、スピード、強度、過渡特性の点で最終的にはアルミニウムを選択した。

今日、 Hartke は初心者からエキスパートまで、すべてのベーシストに完璧なベースシステムを提供している。 Ron と Larry はスタートした時と同じように個人的な業務としてかかわり続けており、彼等はこの革新的アルミニウムスピーカーの改良を続けることにより、究極のプロフェッショナル・パフォーマンスを提供することを約束している。


HARTKE(ハートキー)ベースアンプ 『HA2500』
チューブプリとソリッドステートの2タイプを装備するベースアンプ


プリアンプには、12AX7のチューブプリとソリッドステートの2タイプを装備しています。フィンガータッチをナチュラルに増幅するチューブ・サウンドと、低域から高域までフラットに増幅するソリッドステート・サウンドをブレンドした音作りが可能です。ベース&トレブルコントロール、10バンドグラフィックイコライザ、アジャスタブル・コンプレッション、エフェクト・ループ、バランスXLRアウトプット等を装備しています。4Ωスピーカー使用時250W、8Ωスピーカー使用時180Wのパワーを出力します。


【主な特長】
●余裕の出力:4Ωスピーカー使用時に250W、8Ωスピーカー使用時に180Wの出力が得られます。
●演奏のすべてのニュアンスを忠実に再現する、HARTKE独自のTransient Attack(R)回路を内蔵しています。
●真空管タイプとトランジスタタイプのサウンドをブレンドできる、独立したプリアンプコントロールを搭載。
●10バンドグラフィックイコライザーにより音色の微調整に対応します。専用のIN/OUTスイッチを搭載。
●トーンの最終的なシェーピングを行うコントゥアコントロール(ハイパス/ローパス)を搭載。
●全体の音色を加工する2つのコントゥアコントロール(ハイパス/ローパス)を搭載しています。
●ボリュームレベルを整えるレベラータイプのコンプレッサーを内蔵しました。
●パッシブタイプ/アクティブタイプの両ベースに対応する2系統の入力端子を搭載しています。
●接続されているスピーカーを危険な過負荷やポップ音から保護する回路を内蔵。
●外部エフェクトプロセッサー用エフェクトセンド/リターン端子を搭載。


HARTKE ハートキー HA2500 価格


【仕様】

◎入力感度 PASSIVEインプット:100 k Ohms, 20 mv ACTIVEインプット:100 k Ohms, 60 mv

◎定格出力 180 watt @ 8 Ohms 250 watts @ 4 Ohms

◎イコライザー コントゥアーローパス±18dB(100Hz) コントゥアーハイパス±18dB(10kHz)
10バンドグラフィック± 15dB(30Hz、64Hz、125Hz、250Hz、500Hz、1kHz、2kHz、3kHz、5kHz、8kHz)

◎歪み率:less than 0.5%

◎SN比:approx. 78 db

◎SENDアウトプットレベル:0 dBm

◎SENDインプットレベル:0dBm

◎圧縮比: 2:1~∞

◎重量:9.3 kg

◎サイズ:100(H)×440(W)×330(D)mm




すべてのレッスンを見る

低価格の HARTKE(ハートキー)ベースアンプ『HA2500』【全国配送無料・代引き手数料無料!】-アンプ

低価格の HARTKE(ハートキー)ベースアンプ『HA2500』【全国配送無料・代引き手数料無料!】-アンプ