×
絹100%
長さ13.15m 内巾38cm 重さ665g
経済大臣指定伝統的工芸品の証紙と、黄八丈織物協同組合の証紙がついております。
染色は伝統工芸士 西条吉広さん、機織は西地紋子さんによる作品です。
◆最適な着用時期 袷仕立て:10月~翌5月 単衣仕立て:6月・9月

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年代は問いません。

◆着用シーン コンサート、芸術鑑賞、観劇、行楽、ショッピング、ランチ、女子会、街着など

◆あわせる帯 名古屋帯、染め帯、博多帯、紬帯、半巾帯
本場黄八丈の平織の手織りの伝統工芸品です。

黄八丈は、室町時代から貢絹の歴史があり、
徳川時代には将軍家の御用品となり、大名や高官、御殿女中に用いられ、
大奥を風靡しました。
徳川の中期以後、染織の技術が進み、
黄・樺・黒の三色を組み合わせた竪縞・格子縞が織られるようになり、
何百年もの継承がなされています。

黄は刈安、樺はまだみの樹皮、黒は椎の樹皮と、
全て植物性の天然染色で、数十回の染めを繰り返します。
色をとめるのに、黄・樺は木灰を使い、
黒は泥土を用いて直射日光で乾燥させます。
まさに、自然の恵みと織り手さんの匠の技の結晶のような織物です。

一般的な平織は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)とを
一本おきに交叉させるもっとも基本的な織り方です。

お色は、正統派の刈安染めの地に、樺、椎で格子を織り表したもの。
こっくりとした黄土味のある黄色落ち着きある独特の雰囲気は、
さりげない装いを小粋に、飽きのこない装いを演出してくれることでしょう。

帯あわせで幅広い年齢にお袖を通していただける一生もののおきものです。

手間ひまをかけてつくられたお品ですので、
長い年月を経ても変色することがなく、
洗えば洗うほど色の冴えを見せてくれますし、
絹物らしい色艶ですので、
飽きることなくお召していただけます。
また、丁寧な手織りですので、糸に無理がかからず大変丈夫です。

職人さんが一反一反丹精込めて織り上げた作品です。
室町でもなかなか出会うことが少なくなってまいりました。
お探しの方にぜひお手元でご愛用いただけたら、幸いでございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
お仕立て料金
地入れ2,160円+※胴裏4,860円~+紬八掛11,270円+海外手縫い仕立て19,500円(全て税込)
※国内手縫い仕立て
「大島紬・結城紬」+25,500円(税込)「左記以外の紬」+15,000円(税込)



※胴裏の価格について
※身丈について
商品加工をご要望の場合
(地入れ)


※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[A1G116587]-[TP:中村孝]-[PS:宮崎]-[CH:バッチ]-[文責:竹中]-[1026018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
すべてのレッスンを見る

人気カラーの さりげなくいいカジュアル!伝統的工芸品本場手織り黄八丈「長格子」-着物

カシオEFR-518SBBJ-1AJF エディフィス (EFR518SBBJ1AJF)

人気カラーの さりげなくいいカジュアル!伝統的工芸品本場手織り黄八丈「長格子」-着物

人気カラーの さりげなくいいカジュアル!伝統的工芸品本場手織り黄八丈「長格子」-着物